キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 なぜAGA対策を早くするべきなのか : ダメージにならないAGA治療なら福岡

なぜAGA対策を早くするべきなのか

細胞分裂の回数には限りがあるので、回数が残っている間にAGA対策をはじめよう!

なぜAGA対策を早くするべきなのか

人間の細胞分裂は、約40回から50回分裂したら、それ以上は出来ないようです。

となると髪の毛の成長を促す細胞、毛母細胞も同じで、40回から50回分裂したら、寿命で髪の毛が生えてこないことになります。

ではここで計算してみましょう。

人間のヘアサイクルは、2年から6年なので、仮にヘアサイクルが2年だった場合、40回の細胞分裂となると、毛母細胞の寿命は80年ということになるでしょう。

もし何も問題なければ、80歳まで髪の毛が成長し続けることになりますが、もし途中でAGAになると、このヘアサイクルが2年ではなくなるのです。

AGAによりヘアサイクルが乱れてしまうからです。

ではもし仮にヘアサイクルが半年にまでなってしまったとすると、細胞分裂が40回で計算してみると、20年で寿命を迎えてしまうことになります。

これは極端な例ですが、もし細胞分裂が終わって寿命が来てしまった後に、いくら育毛剤を使っても、いくら高い内服薬を飲んだとしても効き目がないことになります。

それで、毛母細胞の分裂回数が残っているうちに対策をすることをオススメいたします。

もし細胞分裂の回数がたくさん残っているなら、またヘアサイクルの期間を長くすることができ、例えば半年だったものを一年、二年にすることができます。

ですから、AGAは早期発見、早期治療が一番です。

早期治療をすればお金もあまりかけずに済むかもしれません。

もちろん、治療結果はある程度の時間が必要ですが、早く始めれば、不必要にお金をかける必要はないでしょう。

おすすめリンク:30代からの髪悩みに!「毛母細胞をゲンキに」する!?お鍋3例