AGAとは

AGAとは男性型脱毛症のことで、世界中の方が悩んでいます。

AGAとは

AGAとは、日本だけでなく世界中の方たちが抱えている病気です。

病気というと、何か大げさに感じるかもしれませんが、端的に言えば、髪の毛の脱毛の症状のことをさします。

世界的には、数千万人、数億人、この悩みを抱えている人がいるようです。

とくに欧米人で、額から後頭部にかけてはげている人、彼らもAGAです。

でも髪の毛の色が肌の色と近いのであまり目立たず、しかもAGAの人がたくさんちまたにあふれているので、あまり気にならないかもしれません。

しかしアメリカではいち早く研究がなされ、研究成果を出しています。

そして今日本でもそのアメリカの研究を参考にして、AGA対策が行なわれています。

日本では「男性型脱毛症」と呼ばれていて、その患者数は1000万人も超えるようです。

AGAの原因は大きくわけると遺伝的なもの、そして環境的なものがあります。

「テストストロン」と呼ばれる男性ホルモンが、「5aリダクターゼ」と結びつくと、発毛に悪い影響を与えてしまいます。

きちんと髪の毛が伸びきらないうにに抜け落ちてしまいます。

それでAGAの症状の一つに「抜け毛」があります。

もう一つは「薄毛」です。

髪の毛が抜ける量が多いと、頭皮が見えるまでの薄毛になってしまいます。

抜け毛薄毛が額から始まり、それが後退していくパターンM字型と、頭のてっぺんから薄くなりそれが広がっていくパターンO字型の二通りがあります。

どのパターンにせよ、早めの対処をしておくなら、AGAの進行を遅らせることは可能です。

信頼できる医療機関でAGA(男性型脱毛症)治療を行うと効果的でしょう。